個別塾で学力アップ!

個別指導塾で成績が伸びないときの原因

個別指導塾で成績が伸びないときの原因 個別指導塾では一対一で教えてもらうことができるため、生徒一人一人に合わせた指導ができるという特徴があります。
特に不得意な教科や苦手な分野などをわかるまで丁寧に説明してもらえるため、大きく伸びる子も少なくありません。
その反面個別指導で教えている先生と生徒の相性が悪かった場合、成績は期待したほどは伸びません。
実際個別指導塾で成績が伸びない原因として大きな原因となっているのが先生の教え方や生徒のやる気ではなくて、この相性の悪さなのです。
生徒の側が明らかにこの先生とはうまくいかないと認識している場合は塾に申し出て先生を変えてもらうことが必要です。
それだけではなく先生と生徒の関係で生徒が自分を抑えてしまったり、自分が悪いと思い込んでしまうこともあるので、そういった場合にも先生を変えることを検討したほうがよいでしょう。
どちらかが悪いということではなく、相性の悪さはどこにでもあることなので、特に一対一の個別指導塾ではそれがはっきり出てしまうのです。

個別指導塾では先生の変更が可能なのか。いい塾選びのコツ。

個別指導塾では先生の変更が可能なのか。いい塾選びのコツ。 個別指導塾で先生の変更は可能なのかというと、ほかにスタッフがおらず塾長が一人で全部の生徒さんを見ているということがない限りは可能です。
もし塾長が一人で全員を見ているという小規模な塾なのならば、塾ごと変更するしかありません。
しかし個別指導塾でも何人かスタッフはいるでしょうから、一対一で教えてもらっているもののお子さんと先生の相性が合わないので変えたい、なかなか成績があがらないので変えたいということもあると思います。
そんな時は迷わず、塾長に相談してみるのがいいでしょう。
個別指導塾だからスタッフを変えられないということはありません。
逆にどんな評判のいい塾でも、実際に通ってみないと自分にとっていいかどうかの判断はできないと思います。
なるべくスタッフの数が多そうな教室、塾長一人で切り盛りをしていなさそうな塾、塾長が保護者や生徒さんの話をきちんと聞いてくれそうな塾を選ぶのが教室選びのコツとも言えます。